メニュー×

カテゴリー
フード・スイーツ
リビング
ブランドファッション
SNS公式アカウント
カート ショッピングカートに商品はありません。

[初正月祝い 正月飾り]お子様の厄を払い、健やかな成長と幸多き未来を願って、女の子は羽子板を、男の子は破魔弓を飾ります。

[全国どこへでも送料無料]ネットショップでご購入いただいた羽子板・破魔弓は商品価格に関わらず、送料無料でお届けいたします。

羽子板

女児の初正月を祝い、邪気をはね除け美しく無事成長することを願うための大切な飾りとなっています。

羽根突きの羽根の飛ぶ様がトンポに似ていることから、蚊が病気を仲介することを認識していた昔の人々は、羽根をトンボに見立てました。蚊はトンボを恐れ、ひいては子供は蚊に刺されないという厄よけまじないとして、正月に羽根突きを行っていました。

また、羽根突きの玉には、「ムクロジ」という木の実が使われています。ムクロジは「無患子」と書き、「子供が患わない」ようにとの意味が含まれています。
こうして羽子板には遠い昔から子供の無事を願う温かい親心が込められています。

破魔弓

弓には邪悪を払う力があるとされ、男児の初正月の祝いに魔除けの意味で破魔弓を贈る習慣が生まれました。

弓には武勇を表し、さらに邪気をはらい、目に見えない精霊を退散させる力のある物という意味と、人間には知ることの出来ない方向と距離を判定する占いの道具としての意味があります。神社などでは平安の頃より魔除けの意味での破魔弓神事や、年占い神事が行われてきました。

「はま」は弓で射る的、またはその競技を意味し、後に「破魔」の字をあて魔を射ると解されるようになりました。これらの神事が一般にも広まり、男児の初正月には、雄々しく、力強く、健やかに育てと願いを込めて破魔弓が飾られています。

飾る時期:12月13日〜1月15日

12月13日の「正月事始め」より飾り始めます。
「正月事始め」は煤払い(すすはらい)や餅つきなど、この日から本格的に正月を迎える準備をします。

煤払いは単なる大掃除ではなく、年神様を迎えるための神聖な行事として行います。

12月13日は、二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)とされていて、婚礼以外ならすべてのことが吉のめでたい日とされています。

また、年末間際に飾ることは、「一夜飾り」と呼ばれ縁起が悪いとされ避けられています。


このカテゴリには商品が登録されていません。
カテゴリー
ギフトコレクション
ふるさと特集
お買い得
天満屋特別企画
SNS公式アカウント